都内に建つ夫婦と子供1人のための住宅。敷地の南側には道路を挟んで生産緑地が広がり、とても明るい敷地だった。採光をとりながらもプライバシーを確保するために、敷地境界線ぎりぎりまで家の外壁を押し広げ、家の内部との間に空洞をつくった。下から見上げると窓ガラスに空が写り込んで、まるで四方向の壁と天井に穴があいたような不思議な前庭が出来上がった。

構造/TECTONICA INC. 施工/BUILDLAB