2011 Home for All – Project

みんなの家 プロジェクト Home for All – Project

被災地の避難所や仮設住宅の間に人々が集まり、語り合い、食事をし、心の安らぎを得られるような場所「みんなの家」のアイデアが「特定非営利活動法人これからの建築を考える 伊東建築塾」によって呼びかけられた。

みんなの島、みんなの家

みんなの島は大地が浮き上がったような形をした、ひとつらなりのおおきな屋根です。ただし、あるところでは屋根でもあるし、あるところではずっと低くなってテーブルやベンチとしても使えます。みんなとご飯を食べたい人、ちょっと腰掛けて新聞を読みたい人、なかまとかくれんぼやおにごっこをしたい人、ちょっと天井のある落ち着いた場所でおしゃべりをしたい人、みんなここに集まることができます。一人で過ごしたいけど独りにはなりたくない人も、大きなテーブルをみんなで囲みたい人も、のんびりごろごろしたい人も、みんなの島のいろんな部分をうまく使って、お気に入りの場所や遊び方を発見してほしいと思います。