2015 Horizon for The Small World 「新しい建築の楽しさ2015」展

photo Takumi Ota

The Exhibition Space Design for “Joy of The New Architecture 2015”

AGAX15_108_DN37470_Sphoto Takumi Ota

AGAX15_112_DC59492_Sphoto Takumi OtaAGAX15_110_DN37493_S

photo Takumi OtaAGAX15_111_DN37512_S

photo Takumi Ota AGAX15_105_DN37585_S

photo Takumi Ota AGAX15_103_DC59522_S

photo Takumi Ota AGAX15_116_DN37576_S

photo Takumi Ota

 

毎年東京・京橋のAGCスタジオで行われている建築模型の展覧会「新しい建築の楽しさ」の会場構成である。この展覧会は2期に分かれ、1期に6組の建築事務所の作品を展示するもので、それぞれ全く異なる背景、コンセプト、スケールを持つ6つの建築模型が並ぶ。来場者は新しい模型が目に入るとその都度その模型の世界に自らの縮尺を合わせなくてはいけない。そこで今回は展示台の高さを1300mmと通常よりも思い切って高く設定し、それぞれの模型のアイレベルの高さを来場者の目線の高さに揃えることよって、来場者が自然に模型の持つ縮小された世界に引き込まれるような展示にしたいと考えた。

また展示台には配管用の真鍮製パイプ(φ6)とコネクターを用い、どのような模型でも対応できるようにシンプルかつフレキシブルなフレームを組み立てた。コネクターの締め付け時に、真鍮の柔らかさによって独特のひねりや歪みが生まれ、ゆらゆらと立ち上がる展示台は植物的な様相を持った。1つ1つの展示台は独立しすぎず一体となって展示品を支える環境的な存在となるように、フレームの大きさと位置の関係、横材の位置などを調整した。黄金色の展示台は遠くから見ると周囲の景色を写しこみながらきらきらと輝き不思議な存在感を放ちながらも、中に入ると、人の肌や衣服の色に溶け込み、存在感が弱まり透明度が高まるものとなることを期待した。

また今回はAGC旭硝子が試験販売中のGlascene®(映像投影が可能な透明ガラススクリーン)を使用し、展示台のフレームの中に映像を浮かばせた。真鍮のパイプが縦横に走り折り重なる風景の中に、ふっと現れては消えるような、従来の平面展示にはない奥行き感のある写真や映像の展示を目指した。 

展覧会名:「新しい建築の楽しさ2015」展
開催期間:2015.11.04 – 2016.2.27
施主:AGC 旭硝子
主催:「新しい建築の楽しさ2015」展委員会(代表AGC studio)
企画:中﨑隆司(建築ジャーナリスト/ 生活環境プロデューサー)
会場構成:山田紗子建築設計事務所
施工:Tank
会場面積:45㎡
展示台:真鍮什器 21台
Glascene®:3枚

 

This project is for the exhibition “Joy of the new architecture” which is an annual exhibition held at AGC Studio, Tokyo. The exhibition is divided into two sessions, each time displaying  architecture models from six architecture firms all with completely unique background, concept and scale. We designed a simple and transparent like structure as the stand to place the models. The brass pipe structure is 1300mm in height so that the guests can naturally be drawn into the small world of each models without bending down.
The stand is simply assembled using 6mm thin brass pipes and fittings for plumbing system easily adjusted to any size. The brass pipes and fittings look industrial yet also organic like natural plants with soft brass creating a natural branch like twist when screwed together. We carefully designed the size, positioning of the stands, and placement of the horizontal braces so that all 21 pipe stands would become one landscape together. The use of brass is intended to create a dual presence where the color and reflection of the brass stand out from afar like the horizon but once inside, they become transparent reflecting the scenes around the exhibition space.