2014 Weekend House in Woods

山の中の週末住宅 Weekend House in Woods



1:100 3
1:100 21:100 4





 

山の斜面に造成された南向きの平地に建つ、夫婦とその子供たちや親戚が集まる週末住宅の計画だった。敷地の目の前には背の高い木々が生い茂り、その幹や枝の間から明るい木漏れ日が差し込んでいた。

要望された個々のベッドルームや応接室、浴室などを一般的な壁で仕切ってしまうと、せっかくの素晴らしい環境に閉鎖的になってしまうが、柱と建具のみでは開放的すぎるため、柱でも壁でもない間仕切りのあり方はないかと考えた。その結果、木柱を集合させることで、1本の柱でもなく平坦な壁でもない、その両方が一体となったような構造体で空間をつくることを提案した。木の柱材を束ねることで構造体としての強度をもたせ、構造的に必要な部分や、空間的な抑揚をつける部分には多くの柱材を配置し、集合体の内部には収納スペースも設けた。

また施主の要望で斜面に向かって大きなテラスを張り出した。木々の中にぽっかりと空いた造成地にふたたび雑木林の密度がもどり、周囲の環境とゆるやかに繋がりながら、開放的でありながらも守られている居住空間を目指した。

 

We are planning a weekend house, in which a couple, their children, and relatives gather, on a south-facing flat land that was developed in a mountain slop. Tall trees densely grow in front of the site and bright sunshine filter through the trunk and branches.

 The space will become too closed off towards the wonderful setting when the requested individual bedroom, drawing room and bathroom are partitioning off with ordinary walls. On the contrary, building only with pillars, doors and windows are too wide open. I considered a way of partitions that is not like how pillars or walls do and, as a result, proposed to create space with a structural body that is made of combination of pillars and flat walls using assembled wooden posts. The strength as a structural body was added by bundling up wooden pillar materials. Where structural reinforcement and spatial intonation is needed, much pillar materials and partial storage space are arranged.

 In addition, a big terrace that extends towards the slope was made as the client`s request. I hope density of copse is regained in the developed land made by emptying the trees at the location and to create a living space protected at the same time wide open by gently connecting to the nearby environment.

 Structural system: wood
Major materials: wooden column
Site area:800㎡
Footprint area:135.0 ㎡

study modelsmodel 32

スタディの初めはオーソドックスなLDKスタイルの間取りからスタートした。毎回模型を目の前に施主と協議しているうちに、来客時の対応や別荘での生活像などがリアルにイメージされていった。その結果ひとつひとつの部屋のしきられ方がより曖昧になる方向へと変化し、その都度、柱の集合体が有機的に形や存在感を変えていった。現在は敷地の状況等により設計作業は停止している。